「1番の特効薬は初勝利」大分トリニータ×レノファ山口FC

2022年03月22日 19:00更新

またも初勝利ならず…

 

今季の公式戦でいまだ勝利から遠ざかっているトリニータ。

 

3月19日に(土)にレノファ山口FCと対戦しました。

この試合、トリニータは守備を重視した布陣で臨みますが、 相手に主導権を握られ、前半はシュート0本で折り返します。

 

後半に入って徐々に主導権を握り返す中で、 呉屋のゴールが生まれ先制に成功しますが、その直後にあっさり失点。

なかなかチームの歯車が合わず、引き分けで終了。 またも初勝利を逃しました。

 

ゆ~わくワイド&Newsでオンエアできなかった地上波未公開インタビュー

 

試合後には下平隆宏監督、下田北斗主将、呉屋大翔選手が会見に臨みました。

 

「システムの変更で手応えと課題は?」

「勝ち星がない中、選手たちのメンタル面は?」

「次節の琉球戦への意気込みは?」

 

詳しい会見の模様は動画をチェックしてみてください!

藤村 晃輝アナウンサー
取材リポート

今回の試合で初勝利!とはなりませんでしたが…

呉屋選手の先制弾は素晴らしい連携からのゴールでした。

呉屋選手自身も「得点に関しては自信に繋がった」と話していました。

なかなか「勝利」という結果は得られていませんが、選手も監督も誰一人、下を向いている人はいません!

下平監督は「1番の特効薬は勝利すること」と語っていました。

この嫌な流れを断ち切るためにも次の琉球戦(3月23日)が重要な一戦となります。

今度こそホームのサポーターの前で初勝利を届けてくれることを信じています。

最新のニュース